カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾラ 『ムーレ神父のあやまち』

「なにか飲みたくない?」彼女がたずねた。
彼はのどが渇いていないしぐさをした。そしてアルビーヌの手をさも珍らしそうにみつめていた。あまりにもうっとりと見ているので、彼女は笑いながら片方の手を枕元まで差しのべた。すると彼は、頭を枕からずらしてその小さなみずみずしい手に頬をのせた。そしてにっこりと笑って言った。
「ああ、絹のようにやわらかい。まるで頭のなかに風を吹きこんでくれるみたいだ。…おねがいだから、このまま手を引っこめないでおくれ」
しばらく沈黙がつづいた。
二人は親愛の心をこめて見つめ合っていた。アルビーヌは病人の生気のない目をやさしく見つめ、セルジュ(※ムーレ神父)は彼女の小さなみずみずしい手から伝わってくる何か漠としたささやきに耳を傾けているかのようだった。
(略)
ある夕方、彼の容態が悪化したとき、アルビーヌは彼の頬の下にそっと手を差し入れた。それでも彼の苦しみは鎮まらず、彼女は自分の無力を悟って涙を流した。彼が冬の暗い無気力状態に陥ってからというもの、彼女はもはや自分の力だけでは悪夢の中でもがいている彼を救い出すことができないのを感じていた。彼女は春の協力を渇望した。
(略)
ところである朝、彼女はもはや効果のなくなった手枕をやめて、セルジュの頭をそっと持ち上げて枕に寝かせたときであるが、彼の唇に、先日のような微笑がかすかに浮かぶのを見たような気がした。
「よろい戸を開けておくれ」彼はよわよわしくつぶやいた。
彼女は、彼が熱でうわごとを言っているのだろうと思った。というのは、一時間ほど前に、彼女はベランダの窓からあいかわらず暗い空しか見なかったからである。
「しずかにおやすみになって」彼女はさみしく言った。「陽の光が射せば起こしてあげると約束したでしょう。…おやすみになって。太陽はまだ出ていないわ」
「いや、わたしには感じられる。太陽が出ている。よろい戸を開けておくれ」
(略)
「セルジュ! セルジュ! 太陽が出てよ!」
そしてカーテンをさっと開け、窓をいっぱいに開け放った。
彼は身を起し、ベッドの上でひざまずいた。息がつまり、失神しそうだった。彼は、心臓の激しい鼓動を止めようと、胸を両手でつよく押えた。
目の前に大空がひろがっていた。真青な、はてしない青一色。彼は苦しみが洗い去られる思いだった。揺りかごに身をゆだねるようにして、大空にみなぎる甘美を、清純を、青春を飲んでいた。前日、カーテンに影を落としていた木の枝は、窓よりも高く繁り、海原のような青空に濃い緑を投げかけている。その緑は、衰弱した彼にとっては、あまりに刺激のつよすぎる生命のほとばしりだった。地平に舞うツバメさえも、大空の汚点のように彼の心を痛めるのだった。彼はいわば生れたばかりなのだ。(156p~)


※『ムーレ神父のあやまち』ゾラ(藤原書店)より


スポンサーサイト

保坂和志 『小説の自由』

※「3 視線の運動」から引用。


イアン・ロバートソン著『マインズ・アイ』(茂木健一郎監訳)という本にこういうことが書かれている。まずは、次に書いた文章を黙読して、それに要する時間を計ってみる。

Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。