カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『退行する日々』 桑井朋子

 1夢
その夢は、診察室へ入ったところからはじまりました。
するとそこに、二十年前に診てもらった医者がまだあの頃のピテカントロプスのままでいましたので、わたしはびっくりしました。
人類はアメーバーから何十億年もかかって進化してきたのですが、個々の人の体というものは、それと同じ過程をへて成長し、退化するときには今度はその過程を逆にたどっていく、というではありませんか。それならば、あのころ石器時代のピテカントロプスあたりまで退化していた医者は、今では当然チンパンジーぐらいにはなっていなければならないはずです。…(文学界12月号より)

スポンサーサイト
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。