カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ムニュ』 みやざきひろかず

ムニュムニュって しってる?
どんな いろにも
どんな かたちにも すがたを かえる
ふしぎな いきもの


子どもたちに大人気の絵本。やさしい絵とみじかい言葉でムニュの魅力を伝えている。おそらく対象年齢は幼稚園児ほどだろうが、私のような、むやみに深読みする大人まで楽しめると思う。ムニュは自由だ。なんの制約もない。縛りから解放された気ままな魂だ。子どもたちは絵本を読んでもらいながら解放されてゆく。どんな形にも姿を変えることができるムニュが、つぎはどんな形で現れてくれるのかという好奇心を子どもたちから引き出している。そしてなによりも、ムニュの柔らかい姿が子どもたち自身の肌そのもののように、ムニュとすり替わることができるのである。

ムニュって何だろうと考えてみた。よく読むと、視線が2種類あることに気づく。自分から何かになろうとして形を変えてゆく視線と、何かになったあとに、だれかに別のものと誤解されたり決めつけられたりしている視線と。
スポンサーサイト
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。