カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『いのちのレッスン』 新藤兼人

いのちのレッスン小説を読むあいまに開くつもりで、活字も大きいし、ちょっとした気分転換にちょうどいいだろうと、そのつもりで用意しておいた、『いのちのレッスン』。私小説作家ならぬ、私映画監督、新藤兼人さんは、1912年(明治45年)広島県生まれ。1942年(昭和17年)にシナリオライターを志して溝口健二さんに師事し、松竹を経て、1950年(昭和25年)近代映画協会を設立すると、翌年、初の監督作品『愛妻物語』をつくった。おもな監督作品は、『原爆の子』『裸の島』『鬼婆』『ある映画監督の生涯』『午後の遺言状』など…。

そんな重鎮の本を膝にのせ、足を組み、椅子の背もたれに、ふんずり返って、まぁどこでもいいやとページをめくったら、こんな見出しが。

「ベテランという名の“ニセモノのプロ”」

偉そうな人生訓など、この本には書かれていない。きちんと椅子に腰掛けて読みはじめる。私の意見など、どうでもいい。ともかく抜き出してみる↓

「ベテランという名の“ニセモノのプロ”」
わたしはわが身を振り返り、いつも言い聞かせていることがある。それはシロウトでいたいということだ。六十年以上も映画一筋に歩んできて、今さらシロウトとはなんだ、といわれそうだが、どんな仕事でもほんとうのプロは、アマチュアの精神をもった技術のプロだと思っている。
わたしは映画のことは何も知らなかったが、フィルムの魅力にとりつかれ、この世界へ足を踏み入れた。わたしをかきたてたのは、幼児のように無限に広がる好奇心だった。(218頁)

スポンサーサイト

耽々日記

Nirvana の記事を書いたらふっ飛んでしまった。もう今日はやる気がないので奈良の思い出をもう少し書いてみよう。
観光旅行で行っても分からないことのほうが多い。「奈良? お寺ばかりで辛気くさい。ソープランドもないような所、どこが面白いの」とオッサンに言われたことがある。顔では笑っていたが、こいつぶっ飛ばしてやろうかと内心思った、笑。
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。