カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏は斜陽館へどうぞ(笑)太宰Tシャツ。

「作品見直す契機に」と題して、金木物産館にて太宰Tシャツを販売するという記事が、今日の新聞に載っていました。
画像がないか探してみたのだけれど、ネット上には出ていないようです。
かわりに楽天の画像をリンク↓





Kanful(楽天内ショップ)


金木物産館のTシャツの方は、本棚に本が並んでいて、そこに文字が入っています。「好きな作家は? 太宰です……」という文字、笑。サイズ展開SML、カラー紺、赤、白、価格¥1,995。ぜひネットでも販売してください。

私が斜陽館へ行ったのは、もうずいぶん前のことで、とくに周りになにもなくて(たぶん)、静かに見て静かに帰ったような気がします。周りの景色も変わったのだろうな…。

山田スイッチさん、という方が、『写真で送る津軽鉄道の旅』と題してリポートされています。太宰列車に太宰ピザに太宰ラーメンに太宰色紙に太宰てぬぐいと、太宰づくし、だそうです。金木の人は太宰で何年食べる気だと、お書きになっていらっしゃいましたが、笑。太宰は皆んなに迷惑をかけて途中放棄した人ですから、きっと太宰もあの世で喜んでいると思います

お名前を忘れてしまったのですが、或る劇作家の方が、若い頃に太宰の小説を読んで、ちょっと大袈裟じゃないのか? と思っていたそうです。それがある日、仕事で金木町を訪れて、ずーっと町のなかを歩いて歩いて歩いて、そして太宰の生家にたどり着き、見上げた途端に理解した、とどこかに書かれていました。作家の文章は、一文字たりともその作家から離れていないのですね。すべて作家自身を表しているようです。


スポンサーサイト
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。