カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第137回芥川賞受賞作 『アサッテの人』 諏訪哲史

アサッテの人私に残された選択は、破綻を覚悟で苦肉策を押し通すか、悪足掻きは止して潔く筆を折るかの二つに一つということになる。だが正直なところ、ここに及んでなお前者を主張するほどの頑強さはもはや私にはない。といって、このままアサッテの話を断念し、おとなしく稿を眠らせておくのも業腹だ。(略)
…あらためて手元を見渡してみたものの、今までの試行錯誤が物語るように、これらバラバラな素材は、小説という単一の視点から編み直されることを、頑として受け入れない。無理にそれを強いるなら、全体は矛盾だらけの出鱈目な代物に堕するだろう。
いま、私はこれらの難題にほとほと倦み疲れた。そして思いあぐねた末、一度すべてを放擲(ほうてき)し、はなから並べなおすことに決めた。つまり、草稿は草稿、日記は日記として、小説以前の敲(たた)き台のような体裁のまま読者の前に投げ出すというやり方である。普通なら、こうした狼藉は作品として許されるものではない。いや、そんなことより、この場合もっとも厄介な点は、草稿と日記とをコラージュすることでなる小説『アサッテの人』とは、それ自体、果たして完成品なのか、草稿なのか、という問題なのである。もとより、いまの私に申し開きの術などない。順を追って並べ直し、そこに出来上がったものが自ずから完成品である。(11頁~)


よくぞこの小説に『群像』は新人文学賞を与え、それどころか芥川賞まで受賞させてくれたものだと、私は読んでみて驚いた。まだまだ文学も捨てたもンじゃないと思った。作者・諏訪哲史さんとはアカの他人で、もちろん何の義理も借りもないけれど、選考してくれた人々に感謝したい気持ちにさえなった。この小説は、芥川賞どころか、もっとずっと下の第一選考で落とされる可能性が高いと思う。それを諏訪さんはよく分かっていて、最初の段階でこういう文章が出てくる。


スポンサーサイト
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。