カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『つぎの著者につづく』 円城塔

文学界 2007年 11月号文学界(11月号)に掲載された円城塔さんの『つぎの著者につづく』
はじめに小説内から文章を抜き出して書くのがカタヨリ紙的で、それは書かれたものに出来るかぎり寄り添い私なりに感想文を書きたいからで。いってみればオバチャンこんなふうに理解したよと“理解”をもとに書いているわけで。ところが今回はそれが出来そうにもない。いきなり白状するけれど、私には分からなかった(笑)。“理解”の意味が違うらしい、なにより、読むまえの知識が必要らしい。つぎの著者につづく、ならぬ、(博識な)つぎの読者につづく。

と、ここで終えてしまうわけにもいかないので私なりに感じたことを書くけれど、あまり真面目に読まないでネ。

目次には「驚異の博覧強記か世紀の大法螺か、言葉の原始に迫る新鋭の力作」と書かれていた。
言葉の原始に迫っているのかどうなのか…、それは分からない。ただ過去の遺産をパッチワークして螺旋状に繋いでいけば、それで原始に迫ったことになる、とは言えないだろ。少なくとも原始であれ何であれ、迫って行くための糸口、方法が必要となるわけで、この短い数十枚(?)の長さの小説内で大きなことをやろうとすれば、どうしたって言葉は凝縮されていくし、場合によっては真空状態にして言葉を転がしていく、その転がす音すらも消す必要があるのかもしれない。

スポンサーサイト

『ゴリオ爺さん』 バルザック

ゴリオ爺さんそうですわ、ラスティニャックさん、世間というものをありのままに扱わなければいけません。(略)
あなたは冷静な打算を働かせれば働かせるほど、出世できるのです。容赦なく打撃をあたえなさい。そうすればあなたはひとに恐れられるでしょう。宿駅ごとに乗りつぶしては捨てていく駅馬のように、男も女も扱うことです。そうすればやがてあなたは欲する絶頂に達することができましょう。おわかりでしょうけれど、あなたに関心をいだく女性がいなければ、社交界ではあなたはものの数にもはいりませんのよ。あなたには、若くてお金があって優雅な女性が必要です。しかし、たとえあなたに真心からの気持ちがあったとしても、それは宝物のように隠しておかなければいけません。ほんのちょっとそれに気づかれただけで、あなたの身は破滅です。あなたはもう死刑執行人ではなく、犠牲者となってしまうのですから。もしあなたが愛情をおもちになったら、秘密をよく守ることです。相手の人柄をとくと見きわめないうちは、決して心を開いてはいけません。現実にはまだ存在しないあなたの恋をあらかじめ守るためには、世間に気を許さぬ修行をなさることですわ。(世界文学全集 21 バルザック/訳・高山鉄男 72頁

Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。