カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『よいみみのこうま』 佐々木たづ

ロバータさあ歩きましょう (偕成社文庫 4029)もう はるは そこまで きて いるというのに、くもった そらから、まだ ときおり ゆきが ちらちらと まいおりて きました。
でも どうぶつの こどもたちは、そのはいいろの そらの したで、げんきいっぱい あそんで いました。
「かくれんぼ する もの
この ゆび とまれ、
かくれんぼ する もの
この ゆび とまれ。」
まもなく そこへ、一ぴきの くりげの こうまが やって きました。けれども、さっきの こどもたちの すがたは、もう みえませんでした。
この こうまは、いつも みんなと なかよく あそんで いました。
でも、うまれつき みみの きこえない この うまのこは、みんなが さそいに きた ことに きがつかないで、ときどき おいてきぼりを くいました。
こうまは、あちらこちら かけまわって さがしましたが、みんなの すがたは みあたりません。
そこで こうまは、その ひ 一にち、ひとりで げんきよく あそびました。
『よいみみのこうま』 佐々木 たづ(2頁~)

耳の聴こえない子馬が仲間たちにバカにされる。
けれども心やさしく接して最後には子馬の良さを分かってもらえるというお話。

ここまで行く間に、神様が創ったという“しるし”のくだりが出てくる。
水仙のお花の真ん中のところが黄色いね、お茶碗みたいだね、とリスが言うと、なぜこんなふうになっているのかと、みんなで考え始めるのだ。すると小熊がこんなことを言う。「これはねえ、かみさまが つくったって いう しるしだよ。おかあさんが そう いってた。(7頁)」と。その言葉に促されて、自分のどの部分が神様に創られた“しるし”なのか、みんなで言い始めるのだ。小熊は自分の首の毛の渦巻きを見せて、これが神様に創られた“しるし”なのだと言うし、小鹿は背中の茶色い毛のなかにある、白い模様がそれだと言うし、小鳥はくちばしの赤いところだと話す。みんな口々に、神様に創られた“しるし”がここにあり、自分は神様に創られたものだと主張するわけだ。それを子馬は静かに見ている。からかいたい子狐は、子馬の体をくまなく調べ上げ、「ないねえ。(11頁)」、と言うのだった。

スポンサーサイト

地吹雪体験ツアーと、ほら吹き大会。

お名前を忘れてしまったのですが、或る劇作家の方が、若い頃に太宰の小説を読んで、ちょっと大袈裟じゃないのか? と思っていたそうです。それがある日、仕事で金木町を訪れて、ずーっと町のなかを歩いて歩いて歩いて、そして太宰の生家にたどり着き、見上げた途端に理解した、とどこかに書かれていました。作家の文章は、一文字たりともその作家から離れていないのですね。すべて作家自身を表しているようです。

、、、と過去記事に書いたけれども。
手もとで情報収集できてしまう、本を開いて活字を読めば情報として知ることができる、こういう時代にこそ、じぶんの足で町のなかを歩いてみることの重要性を感じます。知ることと、ほんとうに分かること(あるいは、分かろうとすること)。「情報」というカメラワークから外れた景色、ありようが見えてくる、或る劇作家の方は、それを見たのだと思います。体に染みつくみたいにして太宰の故郷が理解を求めてきた、ということだと思います。

Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。