カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『懶惰の歌留多』 太宰治

怠惰ほど、いろいろ言い抜けのできる悪徳も、少い。(略)
苦しさだの、高邁(こうまい)だの、純潔だの、素直だの、もうそんなこと聞きたくない。書け。落語(らくご)でも、一口噺(ひとくちばなし)でもいい。書かないのは、例外なく怠惰である。
新樹の言葉『懶惰の歌留多』太宰治/新潮文庫14頁~

しょっぱなから耳の痛い引用となった、笑。
青空文庫でも読めるので、お時間のある方はどうぞ。

太宰と言えば、人間失格、斜陽、富嶽百景、走れメロスが有名だ。
他に、桜桃、女生徒、津軽、トカトントン、川端康成へ、なども取り上げてもらえる機会が多いと思う。
むしゃぶり付くようにして読み継いでいけば、はたして太宰治という作家はどのような書き手だったのか、ふり返り、目眩がする。代表作だけ読めば、もっと簡単に言えるのだろうけれど…。


スポンサーサイト
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。