カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリウッド・リライティング・バイブル』 リンダ・シガー

ハリウッド・リライティング・バイブル素晴らしいアイデアを得たからといって、素晴らしい脚本が作れるわけではない。また、素晴らしいアイデアを単に紙に書き留めたからといって素晴らしい脚本になるわけでもない。脚本は他のいかなる書きもの以上に作文レベルでは通用しない。ライティングと共にリライティングによって脚本は素晴らしいものとなる。ライティングとリライティングの基本原則は同じものといえる。
『ハリウッド・リライティング・バイブル』 イントロダクション

「ハリウッド」に反応して鼻でわらい、「バイブル」と聞いてマニュアル? と思った人、ハズレです。これはヒジョーに難しい本で、こんなふうに考えることもあります。「これが分かる人は、読まなくても分かる人ではないか」と。つまり、書ける人だけが分かる作りの本ではないかと。難しい言葉は使っていません。できるだけ分かりやすく説明しようと努力しているふうにも見えます。しかし、技術は「頭」じゃなくて、「身体」が会得することだから、感覚として分からなければ分かったことにはならないのです。書けなければ意味がない。結果が全てです。そういう厳しい本なのです。イントロダクションの続き↓ 

スポンサーサイト
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。