カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾崎豊 『誕生』

※『誕生』の歌詞は、こちらのサイト様で見れます(ページ下のほう)



尾崎豊は私と同年代で、学生のころに初めて曲を聴いたときにはそれほどのショックはなかった。ひとつにはバンドが下手すぎたのと、アレンジがベタベタで好きになれなかったから。べつの人と組んだら、ひょっとして尾崎の曲は、もっと尾崎のよさを出せたかもしれない。メッセージ性の強いタマシイの人と言うには、あまりにも周りがお粗末すぎたように思う(この辺、ジャニスと重なる)もちろんシロートの意見ですが。
この歌、『誕生』っていうんだね。検索で確かめた。
なぜか今日は朝からこの歌が、アタマのなかでまわっております。
どこで見たのか…、この歌が入ってるライブビデオ、どこかで見て、この歌と映像が焼きついたのですね~。たしか10数年前の話です。死んでもなお周りはゴタついてますけど、ライブで歌う尾崎の姿それだけで、私のアタマは満足してます。この歌、誕生、いい歌じゃない? この後、ちょっとばかし青臭くなってしまうのだけれども(汗)それはおそらく、ハッキリと言ってもらいたい若い人が多いからじゃないのかな。じつは、尾崎は、かなりサービスしていると思うよ。
それから、彼の書いた小説も(短篇集)昔、読みました。手馴れたふうで、上手だった記憶があります。町田さんのように小説書きになってもよかったのにね。なんか、そんなことまで考えたりして。


それほどのファンじゃないけれど、なぜか今日はこの歌がエンドレスなので、記事にしてみました。



Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。