カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エマソン名言から

「自分に自信を失うと世界中が自分に敵対する。」
まるで惑い歩く自分自身を、叱ってくれと言わんばかりに。



「情熱なくして偉業が達成されたことはない。」
ものわかりの良い人よりも、青臭くも泥臭い人のほうが、輝いて見えるのは何故だろうか。その情熱が世界をゆさぶるのかもしれない。

「行動に際して、あまりに臆病になったり神経質になることがないように。すべての人生が実験なのだ。実験すればするほどうまくいく。」
実験すればするほどうまくいく、これは日本の社会に於いては半分は当たっていると思う。でも残りの半分のほうが、じつはすべてを決めている、とやっぱり思う。

「過去に何があり、未来に何があるかは些細なことだ。私たちの内部に何があるかに比べれば。」
はたして、私たちの内部には何かがあるのだろうか。いや、常に何かがあるからこそ、過去にも何かがあり、そうして未来にも何かがあるのだろう。それを動かし、決めているのは、だから、私たちの内部にある現時点の何かなのだと。

「私は引用が嫌いだ。君の知っていることを話してくれ。」
すりかわる人々。それがあたかも自分であるかのように。砂塵の中からようやく掴んだ真正の欠片は、「君の知っていること」ではないのだと。知ることには幾ばくかの犠牲を払うはず。

「人々は見る覚悟があるものだけしか見ることができない。」
すでに知っていることだけを知ろうとする。未知なるものには嫌悪と反発を。知ることには勇気がいる。

※カッコ内はエマソンの言葉です。
引用:「エマーソン英語名言」サイト様
参考:「エマソン」サイト様

Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。