カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さつよ媼おらの一生、貧乏と辛抱』 石川純子

おらは生まれたまんま
九十六になっても生まれたまんま
なんじょに学校しないもの
だから話をするたって、まっすぐに正直に語るの
嘘の語りようも知らないもの

おらは貧乏の生き証人
明治の末の貧乏盛りに生まれて
国も貧乏、村も貧乏
なかでもわが家は貧乏者(びんぼたがり)の一等賞

九つで子守りに貸され
十六で製糸場に売られ
二十一で嫁にくれられ
あとは土方ひとすじ
汗水たらして土を背負い
いくら骨揺(ほねほろ)って稼いでも
いつでも貧乏真っ最中
テレビの「おしん」どころでなかったよ
一番楽だったのは製糸場
テレビの「野麦峠」どころか、なんと別天地だったね

おらは貧乏したから
ひもじい人の気持ちがわかるよ
かなしい人の気持ちもわかるよ
だからどんな人にも親切にしたよ
お母(が)つぁん、教えてくれたもの
「人を助けてわが身助かる」って

おらは人と比べないもの
おらは欲濃(よくこ)くしないもの
うらやましがったり、うらんだりして
心荒らしていられないもの
昔の人たち、教(おせ)えてくれたよ
「雪と欲ぁ、積もるほど道忘れる」って

そうやって百歳(ひゃく)ちかくまで生きてきたら
みんな、おらのこと
「さつよさんはいいなあ、入り日明るくて(※)」って
(※)若いとき苦労しても老いて幸せなこと
おら、もとは地獄、いまは殿様だよ
世の中平(たい)らだね
人は生きてるんでなくて生かされてるんだって

おらは生まれたまんま
嘘の語りようも知らないから
おらの一生語るたって、ありのまんまだよ

さつよ媼 おらの一生、貧乏と辛抱
石川 純子
4794215045

明治の末って今から何年前ですか…。
日本は変わった、人も変わった、尊い言葉も死んでいく。
恵まれて幸せなはずの私の涙は何ですか。
シンから共感し泣いているのは何故ですか。
さつよ媼(おばば)に泣かされる。
ぜんぶ媼のひとり語り。
忘れたのは、お国ことばだけではなかったのだ。

Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。