カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プーテルとぼく』 大嶽洋子

プーテルがやってきたのは、ぼくの四さいのたんじょう日の朝だった。(略)ぼくは、こっそりとなりのへやをのぞいてみた。そしたらどうだ。ごはんを食べるときのぼくのいすにすわって、テーブルにひじをついて、くまがいたんだ。ぼくは、おおいそぎでそばへいってのぞきこむと、小さな声で、
「あれっ、きみ、ママのいってたくま?」
といった。どうしてかっていうとね、このあいだ、ママが、
「こんどのたんじょう日にね、れいちゃんのところにくまがくるって、ハガキがとどいたわ」
って話してくれたからなんだ。
「うん。ぼかぁ、プーテル。青葉山からきたんスよ」(8頁)

「れいちゃん」の4歳の誕生日に、熊の子「プーテル」が唐突にやって来る。その理由は語られておらず、ただ「ハガキが届いた」とだけ説明されている。この物語の出だしから想像するに、きっと結末はプーテルが山に帰ってしまう場面ではないのかとあたりをつけて読みすすめていったが(76頁もある長い話です)なんと最後までプーテルは説明もせず山に帰ることもなく、「れいちゃん」との暮らしのなかに溶け込み馴染んだままで、終わってしまった。
そこがとても良いと思った。
教育的配慮か感動を誘い込もうと目論むのか必要以上に物語を捻じ曲げようとしないところが良いと思う。念のため、急いでもう一言付け加えると、動物を擬人化させることに対して云々する意見をよく耳にするけれど、そうではなくて、物語を介してプーテルを愛するところから、プーテルのふるさと青葉山を(仙台の青葉山?)愛する気持ちへと繋げてゆける。れいちゃんとの暮らしを魅力的に描くただそれだけで、物語を捻じ曲げることなく(必要ならば)同時に教育的配慮もなされていることになる。物語は物語に徹してこそ読者を次のアクションへと導いてゆけるのだと思う。

対象年齢は小学1、2年生だろうか。
絵が少なくて大きめの活字がびっしりと並んでいる。
5つの章分けがなされていて、

・プーテルがきた日
・プーテルはおよぎがとくいか?
・みどり色のかいじゅう
・山にのぼりたがらないプーテル
・大雪のクリスマス

と、子どもなら(大人も? 笑)誰もが思いあたるフシがある、人間らしいエピソードが織り込まれた、本が好きになる1冊だ。
読み聞かせをやったら反応がダイレクトにかえってきた。読んでいて、こんなに嬉しいことはない。なぜだろう、古い絵本、児童書の方が、反応がいい。『プーテルとぼく』は初版が1990年。作者の大嶽洋子さんのプロフィールはページの下に抜き出しておきます。

とくに私が笑ったのは「山にのぼりたがらないプーテル」。
これは、ほとんど、漫才だ↓。

あついあつい夏のお昼だった。ぼくとプーテルは、ぼくたちのへやでレゴあそびをしていた。プーテルの耳がぴくりとうごいた。
「れいちゃん、とうとう、夏休みのりょこうでいくところがきまったようスよ」
どんなにむちゅうであそんでいても、プーテルのかたほうの耳には、べつの音が聞こえてるみたいだ。
「シンピノヤマ、オソレザンってところらしいスよ。ついでに海も見てこようって……。なんだか、へんな名前のところスね。まあ、とにかく、パパさんとママさんできめたんだから……。いいスけどね」(48頁)

れいちゃんの家族は夏休みの旅行で、恐山へ行くことになったようだ。そのチョイスの感覚が、もうオカシイ。なぜ恐山?(笑)
それから、れいちゃんの兄が説明するわけだ。「オソレ山にはね、しんだ人のたましいがすんでいてね。そこへなにかわるいことをした人がいくと、一天にわかにかきくもり、かみなりが鳴りだし、はげしい雨がふるんだってさ」、と。
れいちゃんもプーテルも困ってしまう。現地に着いて山に登ろうとしても、体の具合が悪いなどと言い出して、山に登ろうとしない。そこでふたりはまた会話する。

「れいちゃん、ぼかぁ、かみなりが大きらいなんス。あいつら、プーテルのしたわるいことぜんぶ見つけて、オソレ山で、きっとぴかぴかやらかすにきまってるんス。そんなところへいけっこない。(略)」
「そうだよ、プーテル。ぼくもそのことがしんぱいなんだ。かみなりがなりだしたら、とたんにぼくたちがわるいことをしたのがわかっちゃうもんね。だけどさあ、プーテル。ぼくたち、そんなにいっぱいわるいことしたかなあ……」
ぼくもプーテルにひそひそ声できいた。プーテルはちょっとぼくの顔を見あげると、きゅうにすました顔つきになった。
「そりゃあね。つい、やってしまうってことがいろいろあるスよ。たとえば、なかなか、かしてもらえないおもちゃを、その子のるすにつかっていて、ついこわしちゃうとか……」
「あれっ、ぼくのプラモデルのことだな。やっぱりプーテルだったのか。あれはぼくは、おにいちゃんがしたと思っていたのに……」
「すみません。つい、いいそびれちゃったんス」
プーテルは、いそいであやまったけど、ぼくは思いだしておこりたくなってきた。
「それから、なんだよ。ほかには?」
ぼくが、らんぼうにきくと、プーテルはゆっくり顔をよせてきた。
「そこで、知りたいンすがね。ぼくのしたわるいことぜんぶ、いま、れいちゃんに話しちゃえば、かみなりは、ゆるしてくれるでしょうかね」
「うーん」
ぼくには、わからなかった。ぼくたちはやっぱり、ちょっとしたわるいことをしているし、それにもしゅるいがあって、プーテルといっしょにしたわるいことと、それからべつべつにしたわるいこともあるし。(57頁~)

笑って読むうちに、じつは根源的な問いへと向かおうとしているのに気づく。時代が変わっても問い自体はくり返されいくから、色褪せることがない。そんなに難しい話でなくても、子どもであっても、「悪いことをやってしまったなぁ…」と心のどこかにチクリチクリと溜め込んでいるかもしれない。誰にも言えない子どもの気持ちと、この本のなかで描かれている気持ちとが、ここで結びつけられて、本と友達になれる瞬間でもある。これほど娯楽にあふれた時代であっても、まだ本が読まれていくとすれば、開けばそこに友達がいる、そういう居場所を本が提供していることも、本の役割のひとつではないだろうか。
大人も子どもも楽しめる、なにより本と友達になれるきっかけをつくってくれる、1冊だ。こういう本が、もっと増えるといいと思う。

【 大嶽洋子さんのプロフィール 】
1943年愛媛県西条市に生まれた。京都女子大学短期大学部国文科卒業。1970年から3年間と1976年から1年間シカゴに滞在した。
雑誌『子どもの館』に短編「ぎょろむの海」(1974年5月号)、中編「旅ぎつねの親方は」(1975年12月号)を発表。著書に「黒森物語」(筑摩書房刊)がある。宮城県在住。
Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。