カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『よいみみのこうま』 佐々木たづ

ロバータさあ歩きましょう (偕成社文庫 4029)もう はるは そこまで きて いるというのに、くもった そらから、まだ ときおり ゆきが ちらちらと まいおりて きました。
でも どうぶつの こどもたちは、そのはいいろの そらの したで、げんきいっぱい あそんで いました。
「かくれんぼ する もの
この ゆび とまれ、
かくれんぼ する もの
この ゆび とまれ。」
まもなく そこへ、一ぴきの くりげの こうまが やって きました。けれども、さっきの こどもたちの すがたは、もう みえませんでした。
この こうまは、いつも みんなと なかよく あそんで いました。
でも、うまれつき みみの きこえない この うまのこは、みんなが さそいに きた ことに きがつかないで、ときどき おいてきぼりを くいました。
こうまは、あちらこちら かけまわって さがしましたが、みんなの すがたは みあたりません。
そこで こうまは、その ひ 一にち、ひとりで げんきよく あそびました。
『よいみみのこうま』 佐々木 たづ(2頁~)

耳の聴こえない子馬が仲間たちにバカにされる。
けれども心やさしく接して最後には子馬の良さを分かってもらえるというお話。

ここまで行く間に、神様が創ったという“しるし”のくだりが出てくる。
水仙のお花の真ん中のところが黄色いね、お茶碗みたいだね、とリスが言うと、なぜこんなふうになっているのかと、みんなで考え始めるのだ。すると小熊がこんなことを言う。「これはねえ、かみさまが つくったって いう しるしだよ。おかあさんが そう いってた。(7頁)」と。その言葉に促されて、自分のどの部分が神様に創られた“しるし”なのか、みんなで言い始めるのだ。小熊は自分の首の毛の渦巻きを見せて、これが神様に創られた“しるし”なのだと言うし、小鹿は背中の茶色い毛のなかにある、白い模様がそれだと言うし、小鳥はくちばしの赤いところだと話す。みんな口々に、神様に創られた“しるし”がここにあり、自分は神様に創られたものだと主張するわけだ。それを子馬は静かに見ている。からかいたい子狐は、子馬の体をくまなく調べ上げ、「ないねえ。(11頁)」、と言うのだった。

「ないよ。」
「ほんとだ。」
「どうしてだろうねえ。」
と こどもたちは ふしぎそうに いいました。
すると、こぎつねが とつぜん さけびました。
「あっ、ぼく わかった!」
そして きつねは、ちょっと てまねきを して、みんなに いいました。
「かみさまが、はじめから しるしを つけなかったんだよ。だって、あの こうまは みみが きこえなくて できそこないだから。できそこないには、かみさまは しるしを つけないんだよ、きっと。」
そう いってから、きつねのこは
「これは こうまには ないしょだよ。(11頁~)」 

ここには神様に選ばれたものと、選ばれなかったものとの差別意識がはたらいている。
天上に神様を置くことで、無条件に存在を赦されたものと存在を否定されたものとの区別がなされている。
神様とはどの神様のことかと信仰のない私はページの最後を開いて見ると、女子パウロ会(Wikipedia)発行となっていた。子どもたちは、しかし、聖書を紐解くよりも前に、自分たちだけで和解への道筋を通って行くのだった。

子狐は、雪が降りしきる中、みんなとはぐれてしまった。雪に埋もれてしまい、その姿も見えなくなりつつある。そこへ子馬がやってきて、目には見えないが、だれか自分を呼んでいるような気がして立ち止まり、その声のもとを探し始める。見えないのに存在を確信している。助けを呼ぶ声を、助けてあげなさいという声を、耳が聴こえないのに聴いているのだ。
やがて子馬は死へと向かう冷たくなった子狐を発見する。自分の肌の温もりで包み込み、温めた。しかしその子馬の背中にも容赦なく雪が降り積もり、子馬も子狐も一緒に死んでしまうかもしれない。けれど、「さむいとは おもいませんでした。でも くらい もりの なかで じっと して いると、とても こころぼそく なって きました。けれど こうまは、じぶんを はげまして、しんぼうづよく あさの くるのを まって いました。(26頁~)」

『こうまが たすけて くれたんだ。
こうまが たすけて くれたんだ。』
きつねのこは むねいっぱいの かんしゃを こめて、こうまの あしや しっぽの ゆきを、まめまめしく はらいおとしながら、
『でも どうやって ぼくを みつけたんだろう。こんなに もりは ひろいのに。』
と おもいました。
『きっと かみさまが こうまに、
“ぼくが あそこに いるよ”
って しらせて くださったんだ。
こうまは それを ちゃんと ききつけて、ぼくを たすけて くれたんだ。かみさまの こえが きこえるんだから、とっても いい みみなんだなあ、こうまは。』
ふと、こぎつねは おもいだしました。
『だのに ぼくは、“できそこない”って いったんだ。
“できそこないだから、かみさまが しるしを つけなかったんだ”って。
それに ぼく、なんども おいてきぼりを くわせたし。』
とつぜん きつねのこは、あたりかまわぬ おおごえで、おんおん なきだしました。(略)
かみさまと こうまに こころの そこから
「ごめんなさい。」
を いいました。そして
『こうまの この やさしい こころが、かみさまに つくられた しるしなんだ。(29頁~)』

神様の声が聴こえるのだから、とてもいい耳だと言う。
子狐は、神様への信頼と、その声を聴くことの困難さを実感している。

べつの言葉に置き換えることもできるかもしれない。
まるで聴こえない声まですくい上げるほどの、自分と他者の声を聴こうとする耳と、
まるで神様を信頼するように、自分と他者を信頼する、というふうに。
確かに子狐の言うとおり、それは難しいことだ。
子馬は耳が聴こえないけれども、自分と他者を信頼している。
その心が優しさとなって、子狐には神様に創られた“しるし”に見えた、とも言えるかもしれない。

読みやすく、うつくしい文章で書かれていた。
宗教色が強い、お説教臭い、出来過ぎている、とクールな現代人は言うかもしれないが、どうしてどうして、子どもたちには好評だった。どこが興味深いのか、子どもたちの表情の変わり具合から推測し、神様を離れて別の言葉で言い換えてみたけれど、おそらく、神様イコール、すべてをそのままに見てくれる、認めてくれる存在、というふうに子どもたちは感じているのではないだろうか。この世のモノサシでは図れない価値がある。もっと根本的な存在自体に根ざした輝きを、神様に創られた“しるし”として誰もが持っているのだよ、と子どもたちは、受け取ったように私には見えた。

佐々木たづさんの経歴と、この絵本の画像
※本文中の画像は、『ロバータさあ歩きましょう』。第13回日本エッセイストクラブ賞受賞。

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
佐々木 たづ 三好 碩也

その他の絵本
少年と子だぬき (おはなし名作絵本 30)
子どもくらしうた (1979年)
こわっぱのかみさま
白いぼうしの丘
きんのいととにじ (1979年)
by G-Tools



Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。