カタヨリ紙

終電前のブンガク雑談サイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぬ占い

やってみました。いぬ占い

ささやかな使命

家のまえに手押し車を出して、そこに一日中腰かけ誰彼となく挨拶をかわす。見知った子どもが手を振りながら、駆けてくると目尻もさがる。はい、こんにちは。幼稚園はどうだった? 気ぃつけて帰りや。「こんにちは爺さん」92歳。耳はとおくなり、歯は抜けて言葉がよく聞きとれず、体も手押し車なしじゃ歩けないほどのヨボヨボだが、頭はシッカリとしていて、よく聞けば言うことも硬派だったりもする。爺さんは今でも現役で、ささやかな使命をまっとうしようとしている。

話がつうじない。

商売人の娘ですから、だれとでも仲良くやっていけるように躾けられている。わりと愛想もいいし、たいていの人々と、合わせていける。営業職なんて、私の天職じゃないかな。お客さんの呼吸とこちらの呼吸とがピッタリと合って、おたがいに気持ちよく売買できるだろう。

小説を、読むこと。

18世紀フランスの文人にして博物学者ビュフォンは 《 Le style estl'homme meme. 》 と言った。明治の人はこれを「文は人なり」と訳した。簡潔な名句だが、より散文的に直訳すれば「文体は人間そのものである」ということになるだろう。「画家にとって色彩と同じく、作家にとって文体は技術ではなくヴィジョンの問題なのだ」というプルーストの言葉も有名である。
引用:三省堂書店内の記事

市役所の人々

市役所は苦手です。


Info
ブログ拍手ありがとうございます。 このサイトは引越しました。文学の他に、韓国映画ドラマ、音楽、DIYなど、より雑多になって、のんびり続けています。
新サイト→ コドリバ
Search
Category
Links
AmazonSearch
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。